市民の声ねりま ウェブサイト

政策と目標

いのち

「安心」と「平等」は、いのちの基本

1. 助産師・医療機関の連携を広げ、安心して出産できる体制を整えます。
2. 回復期リハビリ病棟や療養型病床を整備し、医療難民をなくします。
3. 高額療養費の限度額引き下げ、差額ベッド代の保険外医療、若い世代の国保保険料など、負担軽減をはかります。
4. 高齢者・障害者のための移動支援や外出支援を拡充します。
5. 「障害者差別解消法」をふまえ、社会のバリアと差別をなくし、理解と配慮を地域に広げます。

そだつ

すべての子どもに豊かなそだちを

1. 保育園・学童クラブの待機児童解消と、保育の質向上に、全力をあげます。
2. 学校私費負担の軽減、就学援助費の拡充など「子どもの貧困」対策に取り組みます。
3. 公園、広場など、子どもがのびのび遊べる多様な居場所を、地域につくります。
4. 学校生活支援員の増員、教育方法の改善、教員の増員、少人数教育などにより、インクルーシブ教育を推進します。
5. 区立の児童相談所を設置し、児童虐待防止に本気で取り組みます。

くらす

暮らしを支える住まいの貧困に、政治の光を

1. 空き家・空き地を活用し、福祉と地域コミュニティの拠点にします。
2. 高齢者や障害者、母子家庭など住宅困窮世帯を支援します。
3. 重い障害がある区民の地域生活を支える住まいを増やします。
4. サービス付き高齢者住宅の住環境と費用負担の改善に取り組みます。
5. 若い世代の定住と地域参加を支えるために、家賃補助を実施します。

はたらく

区民も区役所も、いきいき働こう

1. 不安定・非正規雇用の身分・待遇を改善し、ワークシェア等により雇用を拡大します。
2. 障害者に配慮した職場環境を改善し、就労の場を創出します。
3. シニアの力を活かし、支えあいの地域活動を発展させます。
4. 創意豊かで市民感覚にあふれた公務員を育てます。
5. 女性管理職を増やすなど、ジェンダー平等施策を推進します。

まちづくり

「開発優先・大型道路中心」からの転換を

1. 区内の都市計画道路の必要性とデメリットを、原点から検証します。
2. 大泉第二中学校を分断する135号道路計画を凍結します。
3. 大型道路と巨大ビルを柱とした石神井公園駅前再開発計画の見直しを求めます。
4. 閑静な住宅街や馴染みの商店街を破壊する放射35号線(延伸部分)も、見直しを求めます。
5. 外環の2(地上部街路)、外環青梅街道ICは都市計画の廃止をめざします。

議会

古い議会にピリオド、区民主体の改革を

1. 行政計画や予算は、検討過程から情報を公開し、区民参加を保障します。
2. 若い世代や女性の力を、区政運営に積極的に取り入れます。
3. 区民対話集会の開催、傍聴者の資料閲覧、質疑方法の改善など、参加しやすい改革を行います。
4. 議員による監査委員を廃止し、外部監査制度を充実させ、議会の透明性を高めます。
5. 「議会基本条例」を制定し、身近で開かれた区議会をめざします。

未来へ

区民とともに描く、練馬の未来像

1. 再生可能エネルギーの推進で、原発に頼らないみどり豊かなまちをつくります。
2. 大江戸線延伸、鉄道地下化、コミュニティバスなど、公共交通を充実させ、温暖化防止に貢献します。
3. 商店街を、コミュニティと生活支援、地域経済の拠点として再生します。
4. 中央図書館の整備や、学校図書館の司書配置を進め、図書館を文化と自治の拠点にします。
5. 「委託化・民営化」を検証し、”公共”の役割に、新たな価値を見出します。
6. 子どもや障害者、性的マイノリティ、外国籍住民などへの差別や暴力を許さず、その権利を守る条例制定をめざします。
7. 9条を守り、国境を越えて広がる共感を、平和へつなげます。

お問い合わせ

Mobile QR Code

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
市民の声ねりま

◆ご連絡先
〒 178-0061
練馬区大泉学園町2-10-1
(岩瀬たけし事務所)
TEL 03-5935-4071
shiminnokoenerima★gmail.com
(★を@に変えてください)

お問い合わせフォーム
PAGE TOP